数多くのドレスを販売している
通販サイトを利用しよう

デザイン

お得に二次会ドレスをレンタルする方法があります。

挙式披露宴を計画する中で二次会の準備も合わせて行う新郎新婦が多いのではないでしょうか。
二次会のセッティングは友人や会社の同僚が行うことが多いものの、花嫁が着用する二次会ドレスなどは自分達で準備する必要があります。
最近はできるだけ節約して準備を進める新郎新婦が多いので衣装のレンタルもお得なプランを利用する人が多いのです。
例えばウエディングドレスやタキシード、小物などをトータルでレンタルした上で二次会ドレスも同時にレンタル契約すると二次会ドレスのレンタル料金が割引される場合もあります。
他のショップで花嫁用の二次会ドレスをレンタルしたり購入するよりもずっとお得な場合が多いので、ブライダルショップのレンタルプランを確認すると良いでしょう。

ウエディングドレスの歴史について振返ります。

花嫁がウエディングドレスを着るようになったのは、ローマ帝国の時代と言われています。
ヨーロッパでキリスト教が普及して、キリストの教会で貴族や皇族の花嫁が結婚式に着用したドレスがウエディングドレスの始まりとされています。
18世紀後半までは白いウエディングドレスではなくダークな色のものが一般的でした。
18世紀後半にイギリスの女王の結婚式の際に花嫁が白いドレスを着用したのがきっかけで白いウエディングドレスが広がっていきました。
日本では、1870年代に中国人と結婚した花嫁が着用したのが最初と言われています。
日本で花嫁がウエディングドレスを着用することが一般的になったのは、1960年を過ぎてからのことです。